アンピュイの贈り物 第三幕 丘の上のピュイ

  • 2020.06.28 Sunday
  • 02:03

JUGEMテーマ:ミュージカル

 

第三幕 丘の上のピュイ

1 ストーリー

一人の青年(少年?)が走ってくる。名前はロンデル。
そのロンデルを追ってきた二人。
大男カルドと細身の女の子ベルテだ。
三人は幼馴染みで仲良しこの日は森を探索し、泉の国との境界まできた。
特に何するかを考えての行動ではない。
ピュイのそばまできた三人はピュイの水が枯渇していることに残念。
ベルテ「この井戸さえ使えれば私たちが水に困ることはないのに!」

IMG_0463.JPG

人間の国からは水場が遠く、ピュイのさらに向こうに見える泉まで行くと精霊の祟りにあうとの言い伝えがある。
この場はカルドが臆病風を吹かせ、三人は退散する。
ロンデルは名残惜しそうにその場を去る。

ロンデル、カルド、ベルテが去った後、三人と反対側の泉の国から今度は四人組(四人娘)がやってくる。


元気一杯のミリア、なぜかピュイに詳しいレイリ、ちょっと臆病な二ノン、どこか無難な(笑)ロロット。
冒険と称し、ピュイにやって来る。
四人の話によるとこのピュイは人間の国と泉の国が仲良くしていた時代に精霊たちが作ってくれた贈り物のようだ。
しかし人間がこの井戸を独り占めしようとして、泉の国の人に毒を飲ませたらしい。
レイリ「あげく戦いになった...でもそこに幻の魔女がやってきて、悪い人間から私たちの泉の水を守るために呪いをかけて人々を遠ざけたという...。」

IMG_0413.JPG

魔女はいい魔女なのか?それとも違うのか?
ピュイを作ってくれた精霊たちはどこにいったのか?
そして、魔女《アウロ》はどこにいるのか?
人間は本当に悪いやつらなのか?
四人の会話はわからないことだらけ!憶測が憶測を深めます。

そこにシルフィとエポニがやって来ます。

二人は四人娘の前を横切り、視界に入ろうとしますが、四人娘は誰一人気づいてくれません。
四人娘にはエポニとシルフィの存在を感じていない(見えていない)。
四人娘は帰ろうとしますが...
ミリア「先に行ってて。私もう少しだけ、ここで風に吹かれていたいから。」(ミリア、深く深呼吸する)
ミリアだけはシルフィの運んできた風が特別に心地よく感じたようです。

IMG_0420.JPG
※シルフィ役は舞台上でフルート演奏をして風を表現しました。

シルフィ「どこにいっても友達なんてできないのよ。」
失意のエポニ。自分自身への不安も高まります。
それでもエポニは...前を向こうとします。
「生きている意味を見つける...シルフィ、私もう少しだけ見ていく。」

そこへ青年ロンデルがピュイに戻ってきます。
落とし物をしたようだ。
ミリアは...まだいる。
いち早くロンデルがミリアに気付きピュイ傍らに身を隠します。
ミリアはピュイに近づき覗きこむ。

IMG_0424.JPG

それをこっそり見ていたロンデルもつられてピュイを覗きこむ。
二人は同時に気付き、顔を見合わせびっくりして悲鳴をあげながらお互いに飛び退く。
ロンデルの方は柔和な姿勢を見せるが、ミリアは戦闘態勢だ。
お互い名前を名乗り、ミリアはすぐ去っていった。
ロンデルは初めて泉の国の人を見た、話した。
ミリアもまた初めて人間の国の人を見た、話した。
わずかなやりとりであったが、ロンデルはミリアに一目惚れした。
ロンデル「ミリア!明日もここに来て!待っているから!」

2 人物相関図

写真参照

CCI_000003.jpg

CCI_000004.jpg

CCI_000005.jpg


3 大道具配置

写真参照

IMG_2949.JPG

4 曲名 不思議な出会い



5 幸田の一筆

2ー3場面転換から場面転換がちょっと複雑になってきます。
(あくまでも我々のレベルでの話ですが...)

アンピュイの贈り物 第二場 ピュイの奥底

  • 2020.06.28 Sunday
  • 02:00

JUGEMテーマ:ミュージカル

 

第二場 ピュイの奥底


※ピュイとは井戸のことです。

1ストーリー
謎の少女エポニが夢から醒める。
エポニは井戸の中にいて、自称風だと言うシルフィ以外の友達はいない。
家族もいない。
孤独がエポニの心を蝕む。

IMG_0386.JPG

エポニは風として自由なシルフィを羨ましく思い、
シルフィにピュイの外に出て友達を作りたいと告げる。
シルフィはそんなエポニを可哀想(シルフィのエポニを想う気持ちはこれだけではないのですが)だと思い、
ピュイの外へ連れ出します。


2人物相関図

写真参照

CCI_000002.jpg

3 大道具配置

写真参照

IMG_2946.JPG

4 曲名 わたしは何?

ここではエポニとシルフィが歌うミュージカルナンバーを紹介します。
練習風景の一部ですが聴いてみてください。

※動画参照

IMG_0396.JPG

と思ったのですが、、、都合により割愛させていただきます。
シルフィ役の彼女はアンケートでも評判高かったので残念です。


5幸田の一筆

この場面はオープニングとの繋ぎ目の場面転換が一つのポイントでした。
なんというか、、、オープニングでやりきった感が残ってしまうと
場面転換で大道具を動かすメンバーが役割を果たすことなく舞台袖に入ってしまうことが練習序盤によくありました。
またピュイの構造上正面部の割れ目がお客さんからあからさまに見えないように細心の注意を払えとのことでしたが、
「ちょっと待てよ!あせって(舞台袖に)掃けるなよ!」
何回も叱った覚えがあります(笑)

続く...

 

アンピュイの贈り物 第一幕 オープニング

  • 2020.06.28 Sunday
  • 01:59

JUGEMテーマ:ミュージカル

 

第一幕 オープニング


1 オープニングは簡単に言うとアンピュイの贈り物のはじまりはじまりーな場面です(笑)

この段階では当たり前ながらどういった状況で誰が誰なんだかよくわかりません!
ストーリーとはあまり関係のない場面にも見えます。
プログラムの冊子や広告には泉の国と人間の国は距離を保ち、決して交わることはなかったとあります。
確かにそう読み取れるストーリーが展開していくわけなのですが、今回の脚本上のそれ以前のストーリーとして
泉の国と人間の国が手を取り合い、共に歩んできた時代があったんです。
それが、今は失われている。
その失われた信頼関係を修復していく話になります。
その前フリがオープニングだと思っていただければなと思います。


IMG_0374.JPG

IMG_0356.JPG


2 人物相関図

なし

3 大道具配置

写真参照

IMG_2950.JPG

4 幸田の一筆

この場面は2018年の11月4日にサザンクロスホールでやったときに苦労しましたね。
上に掲載の大道具配置ではわからないのですが、舞台後方には平台というものを左右に設置してます。
私がいる側の人の配置が4列(反対側は3列)でして非常に人口密度が高く、踊りづらい状況にありました。
手もぶつかるし、対人交差するときは練習中に不意に体ごとぶつかることもありましたので、色々気を遣った覚えがあります。
交差の時に必ずぶつかってしまう条件もありました。
条件が揃ってしまうと回避困難なのですが、、、自分の努力関係ない要因もありまして、、、
本番の精度は練習含めても最悪でした(笑)
市民文化会館の小ホールで行われた時は舞台に広い奥行きがありましたのでノンストレスで完遂。
なんとかいい思い出に塗り替えることができたなと思っております。

IMG_0358.JPG

IMG_0427.JPG


5 オープニング曲

オープニング曲(メインテーマ曲)《明日はきっと素敵》は愛情や希望など心の豊かさを表現した歌になっております。


続く..

米NYブロードウェイのキャストが宇都宮に来る!ミュージカルコンサートを主催します。

  • 2017.09.10 Sunday
  • 23:00

JUGEMテーマ:ミュージカル

 

ファンファンミュージカルがミュージカルコンサートを主催します。

 

ファンファンミュージカル特別企画

FROM NY TO 宇都宮 BRILLIANT STARS COLLECTION

 

↑コンサートのチラシ表

↑コンサートのチラシ裏

 

 

日時 2017年10月21日(土)A13:00開演(12:30開場)

              B17:00開演(16:30開場)

会場 トヨタウッドユーホーム すまいるぷらざ内 オトスク

   (栃木県宇都宮市竹林町1063−3)

 

チケット 一般 3500円 

     学生(※中学生以下) 2500円(A,B各回20枚限定)

※当日、中学生のお子様は学生証(生徒手帳)の提示をお願いいたします。

※未就学児のお子様もご来場いただけますが、会場の都合上膝上での観覧はお断りします。

 お連れの際はチケットの購入をお願いいたします。

 

チケットのお申し込みはコチラ
↓↓↓
fanfunmusical@gmail.com

 

ご予約の際は...

 

〕縮鷦垰疚

A昼の部またはB夜の部から選んでください

チケットの種類(一般または学生)を選んでください

す愼枚数

HP、ブログまたはFacebook等、購入のきっかけとなった記事

 

ーーーーーーーーーー

出演者プロフィール

 

ローラ・ニコラス【特別ゲスト】

NY在住。5歳より歌とバレエの本格的なトレーニングを積み、特に美しい歌声は高く評価されている。

米国名門演劇学校アメリカン・ミュージカル・アンド・ドラマティックアカデミーに特待生として入学。

卒業後は様々なミュージカルの主要キャストを演じ、「ミス・サイゴン」(NJ CO州)では主役キム役に抜擢され、

2014年、見事ブロードウェイ・ワールド賞で最優秀主演女優賞に輝いた。

他、「ドロウジー・̪シャベロン」「ウェスト・サイド・ストーリー」「レント」「アベニューQ」「スペリング・ビー」等に出演。近年では映像の世界にも興味を持ち始め、TVコマーシャルや映画にも出演している。

 

アルマンツァー明子【特別ゲスト】

NY在住。東京都出身。昭和音楽大学短期大学部声楽科卒業と同時に劇団四季に入団。

単身ニューヨークに渡り、ミュージカルの修行へ勤しむ。

9.11同時多発テロチャリティー公演にて出演、演出助手を務め、

高い技術と音楽性をかわれニューヨークダンススタジオ(2004年閉校)の音楽講師として迎えられた。

翌年たまたま文房具店で楽譜をコピーしていたところ、脚本家の目にとまりスカウトされ、

米国アーティストビザを取得。以後、精力的にミュージカル女優として活動し、

「コンタクト」「42ndストリート」「ミス・サイゴン」等に出演した。

 

稲澤こずえ

東京都出身。昭和音楽大学短期大学部声楽科卒業後、横山由和率いるStepsに所属。

Steps作品を中心に数々のミュージカルに出演。

キャラクターショー「しまじろうとうたっておどろう!」の歌のお姉さんとしての経験も持つ。

現在は活動拠点を栃木に移し、ボーカリストとしてだけではなく、

ファンファンミュージカルの歌唱指導をはじめ、ボイストレーナー、イベント司会、

絵本読み聞かせ等、幅広く活動している。音楽ユニットフレーベルスターのメンバーでもある。

 

萩原真理子

東京都出身。中学生からモダンダンスを始め、クラシックバレエ、ジャズダンス、を習得。

19歳よりタップダンスを始め、国内の第一人者である故・佐々木隆子氏に師事し、

共にニューヨークのスタジオで本場のタップダンスを学ぶ。帰国後、数々のステージに出演。

ミュージカル「ヘアー」にて宮本亜門と共演したこともある。

現在はアマチュアミュージカル劇団「ファンファンミュージカル」の指導にあたりながら、

自信のスタジオ”tap into tap”にてタップダンスをはじめ、ジャズダンス、ミュージカルの魅力を伝えるべく活動中。

 

ーーーーーーーーーー

出演団体

 

ファンファンミュージカル

子供からご年配の方までを対象に、経験問わず幅広く受け入れるミュージカル団体。

年1回の自主公演やクリスマスコンサートの他、宮祭りでのよさこいの参加ボランティア活動などの

地域貢献にも積極的に取り組んでいる。

来年、結成10周年を迎える。

 

フレーベルスター

フレーベルスターとは「神様からの贈り物」の意。

音楽の素晴らしさと日本語の美しさを伝えたいという想いを抱いて結成された音楽ユニット。

生伴奏の女性コーラスを軸に、読み語りなどを取り入れた独自のパフォーマンススタイルで好評を得ている。

福祉施設や介護施設での音楽指導やコンサートを中心に活動中。

 

ーーーーーーーーーー

 

詳しくはチラシでご確認ください。

 

ホームページ
http://www.fanfunmusical.org

 

Facebook
https://www.facebook.com/210852519420857/

 

 

 

第38回宇都宮市民芸術祭ミュージカル ひとしずくのミルク 公演

  • 2017.06.18 Sunday
  • 22:10

JUGEMテーマ:ミュージカル

 

2017/06/18  (日)      宇都宮市文化会館大ホール


第38回 宇都宮市民芸術祭ミュージカル「ひとしずくのミルク」に、私たちファンファンミュージカルも、参加しました。

今回は、宇都宮ミュージカルネットワーク参加団体「こどもミュージカルどりーみんぐ、K&Kミュージカル、ラッシュミュージカル、劇団三十六計、ファンファンミュージカル」の5団体と一般公募で集まった出演者が、各場面ごとに各団体が脚色して作りこみ、一つのストーリーを作り上げるという初の試みで、準備を進めてきました。


総合演出は、宇都宮ミュージカルネットワーク会長のどりーみんぐの稲見先生が行いました。
本番まで、全員が集まる通し稽古は、数回と不安を感じての本番でしたが、各団体の脚色・演出・指導頂いた先生方のご尽力により無事終了することができました。

 

ファンファンミュージカルからは、
 運営スタッフ 萩原・松本 2名 出演 佐藤ゆ・岡田・長谷川り・酒井 4名 が参加。

 

佐藤・岡田・酒井は、オープニングの一場とフィナーレの牧場シーン
主人公・牧恵のおとうさん、おかあさん、そして、牧場に研修にくる獣医の卵役
主人公の牧恵や、牛や子供たちと他団体との絡みもありました。

 

長谷川は、終盤の主人公の牧恵に、本当の心を取り戻させる、女神役として独唱を披露

 

スタッフのはずの、萩さんもちゃっかり うしのTシャツを着て参加していました
魔王を牛たちがやっつける場面、魔王のイスを捌けるために、牛たちに紛れ込んでいたのわかりましたか?

 (前日のゲネプロで、急遽決定)

 

といろいろありましたが、そんなこんなでドタバタの怒涛の二週間がやっと終わりました。

 

今回参加したメンバーは、各団体の稽古風景や交流を通して、いろいろと刺激を受けることがあったと思います。
最後に、各団体が切磋琢磨して宇都宮市のミュージカルを盛り上げていきたいと思います。

 

                                   記>酒

 

ファンファンのみなさまのおかげでした。『お願い!テレビさん!!』編

  • 2017.06.05 Monday
  • 22:42

ファンファンミュージカル第6回公演

 

『お願い!テレビさん!!』

 

6/4(日)20:30撤収までに無事終えることができたことをご報告いたします。

公演を裏で支えてくれたスタッフ陣、当日観劇してくださった方々、諸事情で観劇することができなかった方々、そしてスポンサーの皆様からたくさんのご声援、ご支援をいただき誠にありがとうございました。

 

プログラムにも記載されていますが、サークル代表の挨拶です。

 

ファンファンミュージカル代表 松本誠謙

宇都宮市に拠点をおくアマチュアのミュージカル団体として、皆さまに支えられながら、6回目の公演を迎えることができました。ミュージカルは歌・ダンス・芝居からなる総合芸術の結晶です。それ故にミュージカルは観客を魅了します。ただそれ故に、ミュージカルをやってみたい方にとっては一歩踏み出しにくいかもしれません。私たちは老若男女問わず、そんな方々の受け皿になるミュージカル団体を目指しています。この公演を見て「私もミュージカルをやってみたい!」と思う方がおりましたら、嬉しい限りです。来年でファンファンミュージカルは設立10周年を迎えます。会員も増え、団体を支えるスタッフも充実してきており、10周年記念公演は是非楽しみにしていただければと思います。今後もご声援、ご支援をよろしくお願いいたします。

 

そうそう、とちぎテレビ様のインタビューと撮影も入りました。

 

 

最年少の會田吏埜。こんなに真面目な応答ができるだなんて知りませんでした(笑)

 

 

最年長83歳の梅原静枝さん。団体のレジェンドです。

 

 

 

「やりたいと思ったら、やればいい!」

代表がお化粧男子代表としてお化粧への想いを語りました!

 

 

 

全体の集合写真が手元に届いてないので1部のメンバーだけですが、、、

後日、舞台裏などを含めた記事をUPしていきたいと思います。

 

本当にありがとうございました。

 

2017/06/04(日)第6回公演 「お願い!テレビさん!!」

  • 2017.06.05 Monday
  • 18:43

6月4日(日)第6回公演 「お願い!テレビさん!!」

 

宇都宮市南図書館サザンクロスホールにて

ファンファンミュージカル第6回公演「お願い!テレビさん!!」 無事終了することが出来ました。

 

今年は、昼、夜の2回公演にチャレンジさせていただきました。

たくさんの皆様に、ご来場いただきありがとうございました。

今回の公演向けて私たちは、今年の2月から稽古を重ねて来ました。

昨年の公演から新しいメンバーを加え、オリジナル曲をふんだん使った、

コメディタッチの4次元ミュージカル 「お願い!テレビさん!!」 いかがだったでしょうか?

 

パンフレットに同封したアンケートにご協力していただき、たくさんの貴重なご意見ありがとうございます。

今後の活動に向けていかしていきたいと考えています。

本日は、ご来場ありがとうございました。

 

本公演の為にテーマ曲を含むたくさんの素敵な楽曲を提供くださった

芝田先生、お忙しい中、ご観覧していただき本当にありがとうございました。

 

今回の公演に協力していただいた

舞台監督: ゆたか あすか(劇団シンの箱)

照明:RON(劇団it'secret!)、大島朋恵(りくろあれ)、(株)ホライズン 様

音響:(株)ホライズン 様 

 ご協力ありがとうございました。

 

運営スタッフとして、参加くださったサポーター会員の皆様、

ショータイムで盛り上げくださった、tap into tap/小山カルチャースクールの皆さん、お疲れ様でした。

 

本公演の広告協賛いただいた皆様、応援、ご協力ありがとうございます。

 

最後に、

ファンファンミュージカルは、来年、創立10年を迎えることになります。

創設時からの理念である、アマチュアの良さを残しつつも、各人の個性を活かした、

年齢や経験にとらわれることなく誰もが参加出来る機会を提供できるミュージカル団体として

今年以上の舞台をお届け出来る様に、日々稽古に頑張っていきたいと思います。

 

ファンファンミュージカルでは、一緒に活動してくださる会員を随時募集しています。 見学、体験もできます

今回の公演をご覧いただき、色々な人を演じてみたい、ダンスしたい、うたってみたいなど、

少しでもおもった皆さん、来年の創立10周年公演を一緒に作ってみませんか? 。

詳しくは、ファンファンミュージカルの公式ホームページをご覧ください。

http://www.fanfunmusical.org                                          

                                記>酒

『お願い!テレビさん!!』予告動画の配信

  • 2017.05.21 Sunday
  • 13:12

『お願い!テレビさん!!』予告動画の配信しております。

とっても簡単な動画で恥ずかしい限りですが、、、
なんとなく”良さ”を伝えられたらいいなと思い作成しました。
お時間ありましたらご覧ください。

 





『お願い!テレビさん!!』
脚本:萩原真理子
作曲:芝田遼


※動画は合宿での撮影映像を使用してます。
※歌声はサンプルですので肉声は本番でのお楽しみということにさせてください。

少しづつWebコンテンツの作成にも力をいれていきたいです。
団体の詳しい情報は下記公式ホームページをご覧ください。
http://www.fanfunmusical.org

 

JUGEMテーマ:ミュージカル

定期公演に向けて_コメント

  • 2017.05.18 Thursday
  • 19:30

JUGEMテーマ:ミュージカル

 

 

『お願い!テレビさん!!』

 

公演前にメンバーの意気込みを聞きました。

 

本日は4人の紹介です。

 

 

竹本 なぎさ 役   佐藤 由美

 

実の母と長男の3人暮らしの竹本なぎさ。

テレビショッピング大好きの母親といい年してプータローの息子を看護師をしながら養う。

アタシが身を粉にして働いているのに、家族は好き勝手して、

「モー!頭に来ちゃう!!」

50代半ばで、今が一番幸せという女がこの世にどれだけいるだろう?

アタシはその一人だけどね。

『お願い!テレビさん!!』はさまざまな年代のキャラクターが

「自分はこうありたい」と願う希望と現実のギャップに苦悩する人々の縮図である。

その一人を演じていつも思うのは、いくつになっても子供は誰かの子供であり、

親はいくつになっても我が子のことを案じて生きているのだということである。

 

山野 漁太 役   酒井 勝利

    
さかな!さかな!サカナ!食べると〜♪ 山野鮮魚店 今日も頑張って商売しています。    
ヘイ!!いらっしゃい、いらっしゃい今日も活きのいいのが入っているよ!!     
歌って踊って楽しんで、今年は、さかなやに転職!? 漁太演じます。    
あ〜、なんでこんな半端な値段つけるの? ほんとセリフ覚えずれ〜な     
それに、今年の大道具は、今まで以上に大掛かりです。    
製作段階から難題続出!! 重くて動かない、どうやってこの状態維持するの?    
そんなこんなで出来上がった、可動式テレビのどんな感じに仕上がったのかは・・・    
気になる方、ぜひ!公演をご覧ください。

 

アンサンブル   佐藤 実穂

 

チョイ役1です。 演じてるのがだんだん「〇ッテ〇!」になってるような、、、苦笑
今回はアンサンブルでの参加なのでセリフは一切ありません。
歌とダンスはしっかりとブレないように、役では表情と行動で「TVの中の人」役を模索しました。
普段見ているTVの中って華やかだったり楽しそうだったりしますよね、見ている方々が
すっと馴染めるような、自然な一コマになるような、そんなチョイ役を演じたいと思います。

 

 

 

定期公演に向けて_コメント

  • 2017.05.15 Monday
  • 11:00

JUGEMテーマ:ミュージカル

 

『お願い!テレビさん!!』

 

公演前にメンバーの意気込みを聞きました。

 

本日は3人の紹介です。

 

 

 

柿田 現子 役   奥村 厚子

 

 

様々な経験を経るうち、お金しか信じられない、

金持ちこそが幸せであるという価値観に変わっていった超現実的な現子。

自分とは真逆の生き方、価値観の現子に、どの位近付く事が出来るか、

粗野な態度や口調に加え、垣間見せるナイーブな優しさ、寂しさなどなど、

難しく苦戦の日々ですが、別人を演じる事の楽しさを味わう事も出来たように思います。
さて、どれ程現子役を演じきれるでしょうか、、?  頑張ります!!

 

 

 

団栗 夢子 役   菅野 千代子

 

夫が社長でお金持ち、お金に困ったことがなく、何も考えずに夫を頼りに生きている。

妹の生き方が理解できない。

 このようなセレブで天然キャラの夢子にどこまで近づけるかわかりませんが

現実と違った自分を演じるのは楽しいです。

天然は地で行けるのではとの声が聞こえてきそう。

確かに… 初めてのミュージカルですが楽しい仲間に支えられて、

喜んでいただけるような舞台作りを目指して頑張ります。

 

 

 

 

 

アンサンブル   田村優月

 

今回の公演で苦労したことですか?そりゃ〜もう、大変でしたよ!

まず、台詞が一言しかないんです!

一発でドンピシャにハマるよう声を出すって難しいんですよ〜。
ダンスは今回、多めに踊っております!

華やかだったりキレッキレだったり、曲と自分がズレないように〜と中身必死です(笑)
あ、役名を言い忘れてましたね。回答者1です。あと、通行人です!

みんな見つけてね〜¥(´▽`*)わりとあっちこっちにいますでよ〜。

 

 

 

↑幸田「僕はアンサンブルなのにセリフもいっぱいあって・・・、

    どういうことなの??」

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM