定期公演に向けて_コメント

  • 2017.05.04 Thursday
  • 19:30

JUGEMテーマ:ミュージカル

 

 

『お願い!テレビさん!!』

 

公演前にメンバーの意気込みを聞きました。

 

本日は4人の紹介です。

 

 

栗林蒔(まき)役   萩原 真理子

 

「出演者としての私は、いつまでも子離れできない小学校の校長先生役です。
親にとってはいくつになっても子供は子供。

子供の立場と親の立場の両方を知ってからもそれは同じこと。

大なり小なり、わかってはいるけどつい言いすぎたり、

やりすぎたりしてしまう事はないでしょうか?
なるべくリアルに、そして少々誇張して共感や反発してもらえたらと思って頑張っています。
作者・演出としての私は今回も、出演するすべての人が主役のつもりで描いています。

日常のどこにでもあるような風景の中で100歳のさゆりおばぁちゃんを中心に、

それぞれの人生をそれぞれの想いで生きている姿を描きつつ、

ある訳ないけど無い話でもないかも…とちょっとでも何かを感じてもらえたら嬉しいです。

現実の出演者の年齢も小学生、中学生、高校生、大学生、社会人と10代〜80代までと幅広い中で、

それをどう活かしていくか少々苦労しました。
そして…ミュージカルの3本の柱、歌、踊り、演技が、

ナチュラルに流れるようにできる事を目指し、本番のその瞬間まで頑張っていきます。」

 

 

 

栗林歩木鈴(ぽこりん)役   岡田 しおり

 

「夢を抱きながらも、現実を感じながら生きてきました。

30歳、"数学者"の栗林です。きっと皆さんにも思い当たる事があるはず。

また、これから経験するかもしれない。
今回の公演で、共感いただける部分があると思います。
30歳って、どんな感じなんだろうと、役を頂いた時思いました。
30歳って、こうだ!
というものが思い浮かばず、正解を求めるあまりかとても悩みました。

正解はないのだと思いますが。笑
指先から足先まで、全てを使ってお客様にメッセージを届けたいと思います。

そして、少しでも思い出に残る様な、そんな公演にしたいとおもいます。」

 

 

 

笹塚空子(くうこ)役   會田吏埜(りの)

 

「空子は恋愛に興味があり、恋愛の話になるとマジになります。
いつも葉子先輩に付いていく空子。同級生に好きな人はいるのでしょうか?
もしよければ、空子の彼氏になりませんか?彼氏募集中でーす。」

 

 

 

桃山葉子(ようこ)役   高橋佳廉(かれん)

 

「このお話の中で、さゆりおばあちゃんの可愛い一言一言に癒されます。
私は実年齢よりも2歳上を演じて、歌の意味を理解しながら歌うのが、難しかったです。
観客の方がミュージカルの中に入ってこられるように演じます。」

 

 

 

 

岡田「30歳って、こうだ!」

幸田「なんか呼んだ?」         完

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM